~自然と楽しく暮らす~自然楽暮-しぜんらくぼ- » 住まいと健康との関係性とは?

住まいと健康との関係性とは?

自然素材の家は本当に健康に良い!

「健康住宅」という言葉は、健康に害のある可能性のある化学物質を避け、住む人が健康・快適に過ごすための工夫がされた住宅のことを言います。自然素材でできた家には化学物質はほとんど含まれないため、健康住宅と呼べそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。
住宅に要因があると考えられる健康被害と、自然素材の家の場合にどのような効果が期待できるかについて見ていきましょう。

シックハウス症候群について

シックハウス症候群は、建材や家具などに含まれる有機溶剤(ホルムアルデヒドなど)が原因となり引き起こされる健康被害のことです。化学物質によって室内の空気が汚染されて、発生します。めまい、頭痛、湿疹、目のチカチカなど症状は人それぞれ。基本的にその場を離れると症状が落ち着くのが特徴です。

対策としては原因物質を遠ざけること。原因物質を発生させている建具や家具を撤去するのが有効で、そもそも有機溶剤を含まない自然素材を使用した家づくりは、シックハウス症候群のリスクを下げられます。

シックハウス症候群について
詳しく見る!

化学物質過敏症について

化学物質過敏症は、接着剤や塗料、殺虫剤などに含まれる化学物質に接触することで起こる疾患のことを言います。症状は頭痛やめまい、動悸、筋力低下、下痢、不眠など。どの程度の化学物質で症状が出るかには個人差があります。

発症の原因や症状はシックハウス症候群と似ていますが、アレルギー疾患と似ているのが化学物質過敏症の特徴。その場を離れれば症状が落ち着くシックハウス症候群と異なり、一度発症すると微量な化学物質に敏感に反応するようになり日常的に悩まされます。

健康な家にこだわるなら、見えない部分にも自然素材を

部屋をいくら清潔に保っていても、床や壁に使われている建材に化学物質が含まれていれば、シックハウス症候群・化学物質過敏症を発症するリスクは高まります。家族みんなの身体にやさしい家づくりをするなら、自然素材の使用を検討しましょう。

その際、目に見える部分だけでなく、家の構造物の70%を占めると言われている断熱材の素材にもこだわるのが大切です。

自分の住む地域で
自然素材の家に対応している
住宅会社をCHECK

自然素材の家はどのような効果に期待できるのか?

アレルギー疾患

アレルギーには「Ⅰ型」から「Ⅳ型」までがあります。反応の起こり方や要因もさまざまですが、一般的に言われる「アレルギー」は、食物や花粉、ほこり、ダニなどに過剰な免疫反応が引き起こされることで発症する「Ⅰ型」の、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などです。

このうち「ほこり」や「ダニ」などの予防について、自然素材の家は一定の効果が期待できます。例えば漆喰や珪藻土はビニールクロスと異なり静電気を溜め込まないため、ほこりが付きにくい性質があります。
無垢材は虫を寄せ付けない効果があり、ダニの発生を抑制してくれるのです

ぜんそく

ぜんそくとは、気管支が炎症を起こし、少しの刺激でも激しい咳が出て呼吸がしづらくなる疾患です。アレルギーの一種である「アトピー型」と、アレルギーに関係のない「非アトピー型」があり、アトピー型はアレルギー疾患と同じく、何らかの物質をアレルゲン(抗原)として起こります。

この場合には、ほこりやダニの少ない自然素材の家を選ぶことで、発症確率の低減が見込めるかもしれません。

カビ、ダニ、細菌など

自然素材の家は、その素材によって、カビやダニ、細菌など発生を抑える効果があります。例えば無垢材や珪藻土には調湿性能(空気中の水分を吸収・放出するはたらき)があり、カビの生えにくい住まいになります。

無垢材でダニの抑制が期待できるのは、前述のとおり。細菌を繁殖しにくくするためには、抗菌性のある漆喰を壁材に用いるのがおすすめです。

自然素材の家なら赤ちゃんも安心して暮らせる?

小さな子どもや赤ちゃんがいる家庭にとって、住まいを作る素材はいっそう気になるところでしょう。空気中に化学物質がある場合、体重1kgあたりで比較すると、子どもは大人の2倍近くの量を取りこんでいるとも言われています。
抵抗力の弱い赤ちゃんならなおのこと、できるかぎり安心・安全な空間で過ごせるようにしたいものですよね。

無垢材の床に自然素材の塗料という部屋なら、天然の木の肌触りを小さなころから教えてあげられるのも嬉しいところです。

まとめ

自然素材といっても種類はさまざまにあり、アレルギーなどの疾患を引き起こす身の回りの物質も無数にあります。自然素材の家に暮らすだけで、それらの疾患のすべてを防げるわけではありません

しかし、化学的な物質が多く使われ、高気密・高断熱によってその空気が充満するという問題については、自然素材の家で発生しにくいことは確か。その意味では、家族の健康を守ってくれると言うことができるでしょう。