~自然と楽しく暮らす~自然楽暮-しぜんらくぼ- » 福岡県の自然素材の家 » 福岡市の自然素材の家

福岡市の自然素材の家

健康にやさしい家を建てるなら
"断熱材"に着目するべき

自然素材の家を建てるなら柱や壁、床など目に見えるところだけこだわれば良いと思っていませんか? 実は家を構成する構造材の約70%は、普段目に見えない「断熱材」なのです。

つまり、断熱材が化学物質だった場合、化学物質に囲まれた家に住んでいることになります。自然素材は吸湿性が高く、結露やカビによって身体に悪影響を及ぼす心配がありません。

このサイトでは「福岡 自然素材」とGoogleで検索した際に、構造材に無垢材、断熱材も自然素材のもの(セルロースファイバー、ウールブレス、炭化コルク、フォレストボード)を使用している住宅会社で、この地域の施工に対応している住宅会社の情報を掲載しています(※2022年12月20日調査時点。順次更新予定)

でんホーム

でんホームの施工事例
引用元HP:でんホーム
https://www.denhome.jp/cases/

九州を産地とする「そとん壁」を使用した、こだわりの住まい

でんホームの住まいに使用されている自然素材の中でも、個性を発揮しているのが「そとん壁」。これはシラスを原料とした外壁材ですが、宮崎や鹿児島といった南九州を産地としており、地元ならではのこだわりを感じます。また、玄関や土間には「御影石(みかげいし)」を採用。シックな質感と独特の風合いが魅力で、陽に透けても落ち着いた印象を与える素材です。

でんホームで主に使用している素材

壁材 そとん壁(シラス)、焼杉、珪藻土、漆喰
床材 スギ、ナラ(オーク)
断熱材 セルロースファイバー
その他 御影石

でんホームの会社情報

でんホームの
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

ベストホーム

ベストホームの施工事例
引用元HP:ベストホーム
https://e-besthome.jp/works/080/

畳にも伝統的なイグサを使用する、木の香り豊かな家

ベストホームが提供する自然素材の家は、室内いっぱいに豊かな木の香りが広がってきそうな無垢材がポイント。国産のスギやパイン材を標準仕様とし、場合によってはナラ(オーク材)を採用するなど、木材に対するこだわりが感じられる住まいです。断熱材はセルロースファイバーを基本とし、壁には漆喰。畳も化学的な物質は一切使用せず、昔ながらのイグサ畳を使用しています。

ベストホームで主に使用している素材

壁材 漆喰
床材 スギ、パイン、ナラ(オーク)
断熱材 セルロースファイバー
その他 イグサ畳

ベストホームの会社情報

ベストホームの
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

エージェイエフ

エージェイエフの施工事例
引用元HP:エージェイエフ
https://ajf-home.com/works/11328/

地元の気候風土に寄り添う、断熱のスペシャリスト

エージェイエフは「断熱のスペシャリスト」として2005年に誕生した新進気鋭の会社。地元の 気候風土にふさわしい「いい家づくり」をモットーに、20年間より良い住まいについて探求を重ねてきました。そんな同社がたどり着いた断熱材が、米国の新聞紙から作られた「アップルゲートセルロース」。調湿性や吸音性にも優れた身体にやさしい素材で、アメリカでも高く評価されています。漆喰にこだわった壁や無垢材と相まって、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいに仕上げてくれることでしょう。

エージェイエフで主に使用している素材

壁材 漆喰
床材 無垢材
断熱材 セルロースファイバー
その他 記載なし

エージェイエフの会社情報

エージェイエフの
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

福岡市の気候特性について

福岡は九州の北部に位置し、年間を通して比較的温暖な地域として知られています。しかし、福岡や北九州地方は場所によっては大陸からの寒気の影響を受けやすい面もあり、冬場の寒さ対策は必須です。雪は基本的にあまり降りませんが、山間部は毎年積もることも。エリアごとに気候の差が大きいところもあるので、家を建てる際には地域的な特性もよく考えた方が良いかもしれません。せっかくなら気密性や断熱性にもこだわり、省エネ性能の高い住まいにしたいものですね。

関連ページ

自然素材の家×近隣エリア

北九州市

自然素材の家が建てられる
福岡県の住宅会社をチェック