~自然と楽しく暮らす~自然楽暮-しぜんらくぼ- » 神奈川県の自然素材の家 » 藤沢市の自然素材の家

藤沢市の自然素材の家

健康にやさしい家を建てるなら
"断熱材"に着目するべき

自然素材の家を建てるなら柱や壁、床など目に見えるところだけこだわれば良いと思っていませんか? 実は家を構成する構造材の約70%は、普段目に見えない「断熱材」なのです。

つまり、断熱材が化学物質だった場合、化学物質に囲まれた家に住んでいることになります。自然素材は吸湿性が高く、結露やカビによって身体に悪影響を及ぼす心配がありません。

このサイトでは「藤沢 自然素材」とGoogleで検索した際に、構造材に無垢材、断熱材も自然素材のもの(セルロースファイバー、ウールブレス、炭化コルク、フォレストボード)を使用している住宅会社で、この地域の施工に対応している住宅会社の情報を掲載しています(※2022年12月20日調査時点。順次更新予定)

ecomo

ecomoの施工事例
引用元HP:ecomo
https://www.

家づくりのプロが力を合わせ、土地探しからサポート

株式会社ecomoの家づくりは、ハウスメーカー、工務店、建築家がそれぞれの強みを融合させた独自のスタイルが特徴。土地探しからサポートしてもらえる上、設計士による適正価格でのデザインに、パッシブデザインの採用、自由度の高いフォルム、そして自然素材がふんだんに使われているのが特徴です。無垢や珪藻土、漆喰を用いているほか、断熱材や接着剤もナチュラルにこだわっているとのことで、常に美しい空気で満たされた快適空間が期待できるでしょう。

ecomoで主に使用している素材

壁材 珪藻土、漆喰
床材 無垢材
断熱材 セルロースファイバー
その他 接着剤にも自然素材を使用

ecomoの会社情報

ecomoの
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

神奈川エコハウス

神奈川エコハウスの施工事例
引用元HP:神奈川エコハウス
https://www.

標準仕様で無垢材をふんだんに使用、リノベーションまでお任せ

神奈川エコハウス株式会社は、「居心地がいい」「楽しい」「美しい」をコンセプトに、設計から施工、アフターメンテナンス、リノベーションまで対応している工務店。標準仕様でふんだんに自然素材が使用されているのが特徴で、ヒノキやカバザクラ、ナラなどを用いたフローリングに漆喰の壁、汚れやすい部分にはエコロジークロスを貼って工夫するなど、細部までこだわりが見える住まいを提供しています。

神奈川エコハウスで主に使用している素材

壁材 漆喰
床材 ヒノキ、ナラ、カバザクラ
断熱材 フェノールフォーム、ポリスチレンフォーム
その他 エコロジークロス

神奈川エコハウスの会社情報

神奈川エコハウスの
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

大平工業

※施工事例なし

用途に合わせ、幅広い種類の自然素材を厳選

太平工業株式会社は、非常に幅広い自然素材を揃えているのが特徴。無垢材だけでも用途に合わせて数種類揃えているほか、壁には優れた調湿性と消臭性を誇る貴重な珊瑚のいぶき、ミネラル成分の粘土と天然白色珪藻土から生まれたレーベンヘルシーカラー、伝統的な貝灰漆喰など、魅力的な素材が様々に用意されています。セルロース断熱や樹脂サッシなども活かしつつ、性能にもこだわった省エネな住まいをお求めの方におすすめと言えるでしょう。

大平工業で主に使用している素材

壁材 珊瑚のいぶき、レーベンヘルシーカラー、貝灰漆喰
床材 吉野ヒノキ、飫肥杉、天竜檜、サクラ、ナラ、クリ、パインなど
断熱材 セルロースファイバー
その他 京都の織物

大平工業の会社情報

大平工業の
公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

藤沢市の気候特性について

神奈川県にある藤沢市は、都市部ということもあり年間を通して温暖なイメージがありますよね。しかし、実は特徴的なのは「湿度の高さ」。夏は蒸し暑いものの短く、冬はほぼ晴れるいっぽう風が強く、寒さが厳しい…など、ややユニークな特性を持っています。湿気はあまりにも酷いと住まいを劣化させる原因にもなりますから、注文住宅を検討する際には結露や余計な湿気を予防できるよう、気密性や断熱性の高い自然素材の家が望ましいのではないでしょうか。

関連ページ

自然素材の家×近隣エリア

横浜市

自然素材の家が建てられる
神奈川県の住宅会社をチェック