~自然と楽しく暮らす~自然楽暮-しぜんらくぼ- » 石川県の自然素材の家 » 金沢市の自然素材の家

金沢市の自然素材の家

健康にやさしい家を建てるなら
"断熱材"に着目するべき

自然素材の家を建てるなら柱や壁、床など目に見えるところだけこだわれば良いと思っていませんか? 実は家を構成する構造材の約70%は、普段目に見えない「断熱材」なのです。

つまり、断熱材が化学物質だった場合、化学物質に囲まれた家に住んでいることになります。自然素材は吸湿性が高く、結露やカビによって身体に悪影響を及ぼす心配がありません。

このサイトでは「金沢 自然素材」とGoogleで検索した際に、構造材に無垢材、断熱材も自然素材のもの(セルロースファイバー、ウールブレス、炭化コルク、フォレストボード)を使用している住宅会社で、この地域の施工に対応している住宅会社の情報を掲載しています(※2022年7月14日調査時点。順次更新予定)

ハザマ住建

ハザマ住建の施工事例
引用元HP:「ハザマ住建」
https://hazama-ja.jp/seko/金沢市 u様邸/

未来の暮らしのためになる自然素材を積極的に提案

ハザマ住建は、永く快適に暮らせる「健康住宅」をモットーに、柱や梁、天井、床、腰板に無垢材を、壁には漆喰をと、自然素材を積極的に取り入れています。自然素材にも工業科製品にも、それぞれメリットとデメリットがあり、木や草、土など天然素材の持つ特性を十分理解したうえでの提案が特徴。性能やコストを十分に説明し、ライフスタイルに合った家づくりのために「無垢・自然素材を効率よく使った家づくり」を叶えています。

ハザマ住建で主に使用している素材

壁材 漆喰
床材 無垢材
断熱材 セルロースファイバー
その他 記載なし

ハザマ住建の会社情報

ハザマ住建の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

観田創建

観田創建の施工事例
引用元HP:「観田創建」
http://k-souken.jp/results/自然素材で作った和モダン住宅/

耐久性・耐用性に優れた資産価値の高い住まいを提案

観田創建がつくる家の構造を支えるのは、耐久性、耐用性、調湿性、断熱性、対応性に優れた天然無垢材。正しい手法で乾燥させた本物の木です。良質な材料と、伝統的な技術を熟知し、新しい技術にも精通する職人によって強靭な住まいを実現しています。長年の知識と加工ノウハウにより、適材適所の配置、魅せ方、現場での応用力、そして手間隙を惜しまない本物の職人技が安心と安全を支えています。

観田創建で主に使用している素材

壁材 漆喰、天然壁紙、和紙
床材 無垢材
断熱材 羊毛
その他 柿渋、大谷石

観田創建の会社情報

観田創建の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

homehome

homehomeの施工事例
引用元HP:「homehome」
https://homehome-k.com/works/works-4642/

健康に暮らせる住まいを、無理のない価格で

homehomeの家づくりは「いい家を適正価格で」実現してくれるのが特徴。工務店兼設計事務所として、デザイン、性能、価格の基準でどれかひとつに偏ることなくトータルでバランスのとれた家が「いい家」だと考えます。お金さえ出せば高機能で高性能な家にはなりますが、住宅ローンのせいで趣味や旅行を我慢する人生が幸せだとは言えません。無理のない資金計画に基づいた予算で、いつまでも健康で快適に暮らせる住まいづくりを手伝ってくれます。

homehomeで主に使用している素材

壁材 スイス漆喰
床材 無垢材(クリ、ナラ、サクラ、メープルなど)
断熱材 ウールブレス
その他 自然健康塗料リボス

homehomeの会社情報

homehomeの公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

都和工房

都和工房の施工事例
引用元HP:「都和工房」
http://towakobo.com/case04.html

北陸の地でつくる家族も建物も長く健康な家

都和工房は石川県金沢市に拠点を構え、石川と富山で積極的に自然素材を取り入れた注文住宅の設計・施工を行なっている工務店です。接着剤を一切使用しないため、接着剤から発生するホルムアルデヒドの心配がなく、仕上げ塗装には幼児玩具にも使用される自然健康塗料リボスを使用し。年間通して湿度の高い北陸の気候に合わせた工法や素材選びから、家族の健康と建物の長寿を叶える住まいを実現します。

都和工房で主に使用している素材

壁材 スイス漆喰「カルクウォール」
床材 無垢材(クリ、ナラ、サクラ、メープルなど)
断熱材 羊毛断熱材ウールブレス
その他 リボス塗装

都和工房の会社情報

都和工房の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

相互建設

相互建設の施工事例
引用元HP:「相互建設」
http://www.sougokensetsu.com/02sekou_zai10.html

地元工務店の強みを生かした職人の家づくり

相互建設は3人の大工社員と、専属の大工が5人常駐している工務店。設計士も全員大工としての経験があり、木造住宅で大切な木の工事を外注にせず、頑丈な住まいづくりを実現してくれます。住宅メーカーと違い、年間で数えるほどしか建築していないことも特徴。売るという意識ではなく、ともにつくるという考えのもとに、木造建築のプロとして、厳選した素材を使い、見えないところの心遣いと施主とのコミュニケーションを大事にした家づくりを行なっています。

相互建設で主に使用している素材

壁材 珪藻土
床材 杉節ありフローリング
断熱材 羊毛断熱材ウールブレス
その他 石川県産材

相互建設の会社情報

相互建設の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

金沢市の気候特性について

金沢は日本海側に位置していて雨や積雪が多く、夏は日差しが多いといった気候・風土の特徴があります。耐久性・耐用性に優れた自然素材の家を選ぶと、過ごしやすい家が建てられるでしょう。

関連ページ

自然素材の家が建てられる
石川県の住宅会社をチェック