~自然と楽しく暮らす~自然楽暮-しぜんらくぼ- » 福島県の自然素材の家

福島県の自然素材の家

自然素材の家×近隣エリア

山形県 宮城県 茨城県 栃木県 群馬県 新潟県
健康にやさしい家を建てるなら
"断熱材"に着目するべき

自然素材の家を建てるなら柱や壁、床など目に見えるところだけこだわれば良いと思っていませんか? 実は家を構成する構造材の約70%は、普段目に見えない「断熱材」なのです。

つまり、断熱材が化学物質だった場合、化学物質に囲まれた家に住んでいることになります。自然素材は吸湿性が高く、結露やカビによって身体に悪影響を及ぼす心配がありません。

このサイトでは「福島 自然素材」とGoogleで検索した際に、構造材に無垢材、断熱材も自然素材のもの(セルロースファイバー、ウールブレス、炭化コルク、フォレストボード)を使用している住宅会社で、この地域の施工に対応している住宅会社の情報を掲載しています(※2022年8月1日調査時点。順次更新予定)

志木

志木の施工事例
引用元HP:「志木」
http://shizensozainoie.com/new-build/8004.html

自然換気システムで冷房に頼らない住まいを実現

志木の家づくりでは、国産無垢材や海泥・自然塗料などの自然素材を採用。様々なアレルギーや過敏症、さらにはアトピー皮膚炎があっても、家族が健康で快適に過ごせる住まいの提案を目指しています。また独自の「自然換気システム」により、エアコンに極力頼らない省エネな家づくりを実践しているのも特徴です。家の上部に溜まった暖かい空気を排出することで、空気の流れをつくり、涼しい空気が部屋を通り抜ける設計に。将来やってくる資源と電力不足時代を想定して、自然を味方にした住まいづくりをしています。

志木で主に使用している素材

壁材 海泥
床材 国産無垢材
断熱材 羊毛
その他 国産畳

志木の会社情報

志木の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

あい建築事務所

あい建築事務所の施工事例
引用元HP:「あい建築事務所」
https://www.mutenka-ai.co.jp/gallery/hiraya2022-3/

自然の力でココロとカラダにいい暮らし

あい建築事務所が手がける無添加あいの家は、人工的な化学物質をできるだけ使わない「バウビオロギー」に基づいた家づくりを実践。「暮らし」そのものを心地よく・健康的な暮らしを考えた家づくりを提案しています。漆喰や羊毛断熱材がもつ自然のチカラによって、子どもから大人まで多くの人が安心して暮らせることを目指した提案が特徴。ウイルス対策を見据えた家づくりや、家で仕事がしやすい設計など、生活様式の変化にも敏感に対応しています。

あい建築事務所で主に使用している素材

壁材 漆喰
床材 無垢床
断熱材 羊毛
その他 在来江戸(田舎)間畳

あい建築事務所の会社情報

あい建築事務所の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

増子建築工業

増子建築工業の施工事例
引用元HP:「増子建築工業」
https://masico.co.jp/works/2257/

自社で育てた職人でつくる木組みの家

増子建築工業は、自社で育てた職人が手がける木組みの住まいをつくる会社です。命を守り、家族を育み、心豊かな暮らしを送る場所。住宅は家族のための場所だと考え、住宅そのものの性能や構造にこだわっています。構造の元となる素材には地元・福島の木材を使用。それを腕の良い職人が技術に誇りを持って建築し、素材や設計の良さを活かした特別な住まいをつくることで、健康的で快適な暮らしに還元しています。

増子建築工業で主に使用している素材

壁材 珪藻土、砂漆喰
床材 無垢材
断熱材 セルロースファイバー
その他 和紙、渋柿

増子建築工業の会社情報

増子建築工業の公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

KUMIKO

KUMIKOの施工事例
引用元HP:「KUMIKO」
https://earth-family.co.jp/archives/sekoujirei

内も外も全て福島県産杉の心地よさ

KUMIKOは「地球と家族を考える会」がつくる木組みの家の名前。障子や欄間に使われる繊細な匠の技「組子」から名前がつけられています。その名の通り、継承し続けられている技術をさらに磨き上げた高度な技術を活かした家づくりが特徴。建て主・生産者・職人が手を組み、家を組み上げ、未来を組み上げていきたいという想いも込められています。「地産地生(ちさんちしょう)」として、地場産杉を主材に自然素材と自然エネルギーにこだわった安心な住まいをつくってくれるのが魅力です。

KUMIKOで主に使用している素材

壁材 杉無垢板、漆喰
床材 杉無垢板
断熱材 セルロースファイバー
その他 ガルバリウム鋼板

KUMIKOの会社情報

KUMIKOの公式サイトで
自然素材の家についてもっと見る

福島県の気候特性について

福島県はの地域はエリアによって少し異なり、山間部は日本海の影響を受け夏は比較的過ごしやすいのが特徴。一方で盆地周辺の夏は厳しく冬は降雪があります。寒暖差の激しい盆地周辺のエリアは特に、外気の影響を受けにくいよう自然の断熱性がある無垢材や、化学物質を含まない自然素材の断熱材を利用すると、1年中快適で心地良く過ごせる家になるでしょう。

自然素材の家×近隣エリア

山形県 宮城県 茨城県 栃木県 群馬県 新潟県

自然素材の家が建てられる
全国の住宅会社をチェック